カラコン使用で気を付ける事

カラコン使用で気を付ける事

カラーコンタクトが若い女性を中心に市民権を得るようになってから随分経ちます。髪の色を変えるのに合わせて瞳の色をコンタクトレンズで変化させることでおしゃれの幅が無限に広がることが支持される理由でもあります。

 

また、カラーバリエーションが増えてネット通販で簡単に購入できるようになったのも販路拡大につながりました。しかし、コンタクトカラコンの使用方法を誤り、きれいな眼の健康を損ねてしまっては本末転倒です。カラコンの使用方法および眼病に罹患するリスクをきちんと認識してから使用することをオススメします。

 

まず、コンタクトレンズは「医療器具」で、本来は眼科医の処方せんが購入には不可欠です。規制が緩和され処方箋なしでも購入できるようになりましたが、購入の際には、使用に伴うリスクを自己承認してから購入することが必要となります。

 

購入し装着する際には、手指を洗って清潔な状態にしてからコンタクトレンズを指先にとります。この時レンズに傷や汚れが付いた状態のものは使用しないようにします。取り外す際にも同じく手指を良く洗って清潔にしてから外しましょう。外した後のカラコンにはホコリや油脂など様々な汚れが付いていますので、洗浄液を用いてこすり洗いおよびすすぎをきちんと行い、その後は保存ケースにいれて保管してください。

 

また、どんなカラコンにも使用期限があります。

 

外見上ではキズや破損が見当たらなくても、ミクロ単位の細かいキズが沢山ついており、そこに汚れがこびりつき中々落とせない状態になります。この状態で使用を続けると眼球や角膜にキズが付き、ついには角膜潰瘍など失明につながる眼病にかかってしまう恐れがあります。

 

使用期限の過ぎたカラコンは使用せず、速やかに新品と取り換えましょう。

 

カラコンもあくまでも「医療器具」と同じように扱うことで、自分の眼の健康を損ねずに楽しむことができるようになります。よって、視力矯正の必要が無くカラコンを使用している方も、定期的に眼科検診を受診することをオススメします。